Top
海神-HESHIN- 評価★★★★★★6
f0185577_039928.jpg


全51話 2004~2005年 KBS
【出演】 チェ・スジョン ソン・イルグク スエ チェ・シラ キム・フンス チェ・ジョンアン イ・ヒド キム・ガプス 

個人的な評価は、★6つです。(最高が★7)。


いろんな意味で、予想外のドラマでした。
朝鮮半島の歴史を描いているのに、なぜか欧州の香りのするドラマティックな史劇です。

以下、ネタバレありです~。



このドラマを見るにあたって、事前にラストには賛否両論があるということを聞いていたので、ある程度覚悟はしてました。
既にこのドラマを見ていた同僚の“韓国ドラマにこんな終わり方があるんだと、ビックリした~”と微妙にネタバレちっくな発言も聞いてました。
もし、予備知識なくてこのドラマを見たら、全然違う感想になったかもしれませんが・・・。
ラストまで見ての感想は・・・・

★・.。*†*。.・☆・.。*†*。.・★・.。*†*。.・☆・.。*†*。.・☆ ★・.。*†*。.・☆・.。*†*。.・★・.。*†*。.・☆・.。*†*。.・☆

かなり、好きなラストでした。emoticon-0152-heart.gif

着地点は、ここしかないと思えました~。

“諸行無常” “滅びの美学” “国破れて山河あり”
そんな言葉が浮かんでくるような、哀愁漂う、一風変わったドラマだと思います。


最終話でビックリしたことが一つ。


f0185577_11522.jpg
このドラマの主人公がこの人ではなかったということです。
まあ、後半になるにつれてそんな気がしてたんですが、ラストまで見て、そのことに気づき、ビックリしました。

チェ・スジョンssi演じるチャン・ボゴの生涯を描いたドラマなんですが、何というか本当の主役は違うと感じました。





真の主役は、チャン・ボゴと深く関わり、そのことによって運命が狂ってしまったかのようなこの2人。

f0185577_171488.jpg
孤独だった少年時代に突然現れたチャン・ボゴが唯一の友人となり、その友情と愛憎、嫉妬や劣等感に苦しむ孤高の人・ ヨンムン
その優れた能力ゆえに、周囲に利用され振り回され、友情と愛情どちらも得ることなく、誇り高く苦悩しながら戦うヨンムンが大好きでした。

清海鎮に向かう前、ジョンファに最後の別れを告げて、一人立ち去る姿が本当に素敵。

彼の幸せ、心の平穏があのような形でしか得られなかったなんて、本当に切ない~。

それにしても、このヨンムン役は元々ハン・ジェソクssiに決まっていたらしいですが、兵役逃れの発覚により、急遽、ソン・イルグクssiに代役が決定したと聞きました。
この2人が「ロビイスト」で共演しているのが面白いですよね~。

ソン・イルグクssiの代表作と言えば「朱蒙」ですが、このヨンムンを超えるくらい素敵なのか・・・かなり心配になるくらい、私はヨンムンに堕ちました・・・。
特に、終盤のヨンムンは最高。
こんなにイルグクssiが素敵に見えるなんて、ビックリでした。


f0185577_1261357.jpg
そして、あと一人の主役はこの ジョンファ

ヨンムンはこのジョンファを愛してしまったために、ますます孤独な運命を歩むことになったと思います。

でも、ヨンムンには死ぬことによってようやく平穏が訪れたんですが、このジョンファには一人で全てを背負って生きていくという残酷な罰が与えられたんですね。

愛するチャン・ボゴと結ばれることなく、娘のように育ててくれたジャミ夫人を裏切り、愛を捧げてくれたヨンムンの心を引き裂き、ある意味、このジョンファが諸悪の根源な気がしますが、その報いとして他の登場人物のようにそれぞれの終着点に命をかけてたどり着くことも許されないわけですね。


一見すると空虚感漂うラストですが、私的にはかなり好きな感じです。
チャン・ボゴの生涯を振り返っても、奴隷から成功して栄華を極めて己の信じる道を貫き、親友と信じたヨンムンの手により命を終えたのなら、彼なりの生を全うしたのでは・・・と思えるんです。
それは、ジャミ夫人に関しても同じ事を感じます。
それぞれが信じる道を真っ直ぐに己を賭けて生き続けることが出来たのではないかと・・・。

f0185577_1435755.jpg
そして、私が結構好きだったキャラであるチェリョン。
彼女は、このドラマで最も女性としての幸福を享受できたと思います。
愛する人と結ばれ、彼の子供を産み、彼の眠る地で後を追うことが出来て、心残りである子供を託す相手も今際の際にいたんですから。
恋敵であるジョンファへの態度も常に理性的で、かなり好きな感じでした。


このドラマに関してはいろいろ語りたいんですが、キリがないので・・・(笑)。


でも、本当にこのドラマって、なんというかイイ意味で予想外でした~。
壮大な風景と切ない音楽、色鮮やかで素敵な装いの女性達のファッション、深く描かれた人物描写。

ラストまで本当に楽しめました。

まあ、単純明快なハッピーエンドを期待してこのドラマを見たら、失望したかもしれないですけどね。
覚悟して見たら、なかなか味わいのあるイイドラマだと思います。
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-06-05 01:59 | 海神-HESHIN-
<< 海神-HESHIN- 最終話の... | ページトップ | 海神-HESHIN- 第49話まで >>