Top
春のワルツ 評価★★★★4
f0185577_11334886.jpg

全20話 2006年 KBS
【出演】 ソ・ドヨン ハン・ヒョジュ ダニエル・ヘリー イ・ソヨン

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章。
2006年の秋にNHKのBSで放送された時に見ました。

個人的な評価は、★4です。(最高が★7)。

実は、私、いつも韓国ドラマに再び嵌ったのは2007年の春、きっかけは「フルハウス」って自己紹介なんかで書いてますが、実は嘘です。

本当は、このドラマだった気がします。
でも、言い訳すると、このドラマは見たくて見たというよりは、番宣見たときに「見なくてはいけない」義務感のようなものを感じたんですよ。せっかく、夏・秋・冬と全てみたんだし、キャスティングでいろいろ揉めているのは知ってたし・・・。

久しぶりに韓国ドラマ、見てみるか~。

そんな軽い気持ちでした。
ところが、そんな私に悲劇が・・・・



いきなり、第2話で録画に失敗しました・・・。
どうしようかと思って、ネットを徘徊してたら、ユーチュの動画発見!!!。
最近は便利になったよね~なんて思いながら、英語字幕に苦戦しつつ無事に見れました。
そこで、やはりNHK版はオリジナルと違うことに気づき、ネット上では既に最終話まで動画が見れるので、一気に英語字幕だけど、見ちゃいました。
当時を知っている同僚に言わせると、どうも私はかなり嵌っていたらしい・・・(笑)。
ただ、そのあとにNHK版を見ると、私の好きなシーンがバッサリカットされていたし、音楽も全然違ったので、ちょっとショックでした。

このあたりから、私のオリジナル版へのこだわりが生まれたのね~。
今、気づいた。
おかげで、毎回毎回ノーカットの長いバージョンを見ることになってます・・・。
ひたすら、字幕を見ることにもなっているし・・・。

そういえば、このドラマの主役2人を最近、立て続けに史劇で見ているせいか、懐かしい感じがしないわ~。
「海神」ではソ・ドヨンssi、「一枝梅」ではハン・ヒョジュちゃん。
どちらもなかなか好きな感じです。

ちなみに、この「春のワルツ」でも、私はハン・ヒョジュちゃんが結構好きでした。
ありえない原色の服も彼女が着ると、ちゃんと可愛い。

振り返ると、私は四季シリーズでは、一度も男性の主人公に堕ちてない・・・(笑)。
むしろ、ヒロインの方がまだ印象的・・・。
間違いなく、今だったらリタイアしてますよ。
他に見るドラマがなかったから、頑張って見たのかも~。


関係ないですが、超ロマンチストなイメージのユン・ソクホ監督が、最近、ちょっと年下の女性とご結婚されたというニュースを聞いたとき、意外と普通の人だったのねえ~と思っちゃいました。
別にモーホーと思っていた訳ではないんですけどね・・・(笑)。


この「春のワルツ」に軽く嵌ったあと、数ヶ月後に電撃的な「フルハウス」堕ちをするまで、まだ私の韓ドラライフは幕を開けることはなかったんですが、この「春のワルツ」がリハビリドラマになったと思います~。


これでようやく、四季シリーズの記事を全部かけました~。
久しぶりに、こんなにいっぺんに記事を投稿したので、クタクタです・・・。

※追記
2012.1.19 ★評価を3から4に上げてます^^
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-06-22 01:01 | 春のワルツ
<< 一枝梅 イルジメ 第11話まで | ページトップ | 夏の香り 評価★★★3 >>