Top
ファッション70's  評価★★★3
f0185577_231536100.jpg

全28話 2005年 SBS
【出演】イ・ヨウォン キム・ミンジョン チュ・ジンモ チョン・ジョンミョン

個人的な評価は、★3です。(最高が★7)。

最終話、ボロボロ泣けたシーンがありました。゚(゚´Д`゚)゚。



ドミが主催した「コ・ジュニ遺作展」でガンヒのファッションショーが開催されて、最後にドミが登場したときにその背後にガンヒの写真が大きく現れたシーン。
もう、そのシーンで泣けて泣けて・・・
ガンヒに対するドミの想いがすごく伝わってきて・・・。

f0185577_23251416.jpg私は終始ガンヒが可哀想で、ずっと彼女の目線でこのドラマを見てました~。
愛されることが下手で、愛することが下手で、愛されていることに気づかずに孤独な生涯を送ったガンヒ。
子役時代から、ずっと彼女が可哀想で・・・。
彼女に下されたあまりにも過酷な刑。
現在の私たちの感覚ではあの刑は重すぎると感じるけど、たしか日本でも1973年までは「尊属殺人」は刑法200条により厳罰化されてて、ある判例でその原則が変わったと学生時代に習った記憶があります。
韓国ではどうなのか分からないけど、その「尊属厳罰化」が判決で言われてたので時代を感じました。


そんな彼女の写真を見つめるドンヨン・ビン・ビン母そしてガンヒ母、その写真の前で涙を流すドミ。

そういえば、途中から私はドミが結構好きになってきたかも~。

f0185577_2332847.jpg記憶がないドミの時は、イライラする感じのキャラだったんだけど、ジュニとしての記憶を思い出してからのドミはなんだか“大きな心を持っている温かい女性”に感じてすごく好ましかったです~。

記憶が戻って一番彼女が会いたかった人が、父ではなくてガンヒだったというのが泣けて泣けて・・・。
このドミは、愛されることも上手だし、人を愛する能力を持っているんですよね~。
だから、最後に認知症になって記憶が混濁しているガンヒ母を上手に支えることが出来るのかもしれませんよね。
ガンヒの分まで、デザイナーとして、娘として力強く生きていきそう~。


さて、じゃあなぜこのドラマの評価が★3なのかというと・・・

f0185577_2357424.jpgやっぱり、理由は男性キャラに堕ちなかったことと、恋愛エビにときめきを感じることが一瞬もなかったことだと思います。
このドラマのラスト2話の評判はあまり良くないんですが、確かに(笑)
完全にガンヒ派の私としては、ガンヒがあんなことになってから慌ててガンヒと向き合うドンヨンに苦笑でした。
もっと早くから、この可哀想なガンヒを大切にしてあげたら良かったジャンと。
でも、このあたりからドミ派の人はガッカリするはずですよね~。
つまり、ガンヒ派でもドミ派でもガッカリする展開だったんですよね。

そして、国の税金を使って(?)ドイツに留学しているドンヨンは元気にウィンナー食べてるし・・・(笑)
なぜかあのメンゴル島に行くときは、あのサングラス着用だし(笑)
とにかくドンヨンのキャラに堕ちなかったのが残念~。
ビジュアル的にはチュ・ジンモssiは嫌いではないんですけどね~。
もう、ラストもドミのところに戻ってこなくてもいいよ~と思ったくらい、この2人の恋には興味なしでした。003.gif
ドミに、“本当にドンヨンでいいのか?”と聞きたいくらい。

しかも、2番手のビンに至っては、私は完全にノーマーク(笑)
なんだか私のツボを全く刺激しないキャラだったみたいです~。
意外と人気のあるキャラだと思ったんですけど、オカシイですよね。
あの丸坊主のビジュアルがアンデーだったのかも。
しかも、私は「キツネちゃん~」は苦手そうな年下男モノというので見てないので余計にそうなのかも~。
何となく、私的にはビンはただのマザコン男にしか見えなくて、幼少期のビンはジュニに対して頼もしいオッパーだったけど、大人になってドミに対しては甘えている感じがあってどうもダメでした~。
任務で右手を負傷したときも、テレビに向かって「片手が動かないくらいでガタガタ言うな」と突っ込んでしまったくらい・・・。やっぱり史劇ばかり見ていると、妙に厳しいのかも(笑)

とまあ、ものすごい毒を吐いてしまったけど、このドラマは見て損はないと思いました。
悲しくて胸が痛くなるストーリーだけど、最後にはイ・ヨウォン演じるドミがちょっとイイ感じだったし、なにより音楽がスバラシイし・・・。
FTTSの「胸が痛くても」はもちろんのこと、ガンヒ派の私はOST12曲目の女性ボーカルの曲がすごく好きでした。
どうやらBS11では今月の26日から再放送あるんですね~。
ま、こんなネタバレ全開で微妙に遅い私の記事を最後まで読んだ人が今更このドラマを見ることはないとは思いますが、オススメのドラマです~。
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-11-02 00:12 | ファッション70's
<< 黄金の新婦 第46話まで | ページトップ | 淵蓋蘇文 ヨンゲソムン 挫折(泣) >>