Top
韓国映画 『デュエリスト』
f0185577_16334456.jpg
2005年
【出演】 ハ・ジウォン
      カン・ドンウォン


いきなりですが、たまに映画を観たくなることがあります。
ドラマとはまた違った良さがあるし、衣装や音楽もイイし、お金がかかっている感じが好きというか・・・(笑)
ま、短いから気軽に見れるというのが最大の利点ですけど・・・。

ちなみにこの『デュエリスト』という映画。
今年の1月に遅ればせながら「茶母」にものすごく嵌ったときに見たいと思ってたんですが、あまり直後に見ると変に楽しめなさそうで、ずっと見るタイミングを逃してました。

で、ちょうど「輪廻-NEXT-」で、敵同士だけど恋に堕ちちゃうみたいな設定を見てたら、この映画を観たくなってついつい・・・・。

さて、この映画、ビックリしました~。016.gif



f0185577_16482830.jpg
カン・ドンウォンssiって、こんなに美しかったの~?! ヽ((◎д◎ ))ゝ

私が彼を見たのはドラマ「1%の奇跡」の怒りんぼな御曹司役だけだったんです。
あの役は、カッコイイというより自分勝手な御曹司が恋に堕ちて可愛くなるというキャラだったし、そもそもあのドラマってメインの2人より脇カップルがかなりインパクト強くて・・・。

f0185577_1659591.jpg
でも、この映画のカン・ドンウォンssiは本当に美しかった~。053.gif
美しさのレベルとしては、私的には最近大好きな「美賊イルジメ伝」のイル君レベルかも~。
スラリとした長身に、悲しそうな瞳、そして舞うような綺麗なアクションシーン。
なんなんですか~、これは史劇マジック???
思いっきり、堕ちちゃいました。


f0185577_1712294.jpg
ハ・ジウォンさん演じるナムスンは、捕盗庁の刑事。
そして、カン・ドンウォンssi演じるのが、“悲しい目”という異名を持つ刺客。
台詞で、「走っている虎の足の裏から魚の目を採る奴とは、あいつだったのか・・・」というのがあるんですが、虎に魚の目~?!と妙なところで笑ってしまいました。003.gif

そうそう、このハ・ジウォンさん演じるヒロインは、見事に「茶母」のチェオクとかぶらないキャラなんですよね~。かなりガサツで、コミカルな感じ。
そんな彼女に、「君の驚く姿が好きだ。」と微笑みながら言うドンウォンssiがまたまた素敵なんです。

ストーリー的にはすごくシンプルで、「茶母」には3つのタブー(身分の差、敵を愛してしまう、兄妹の関係)があったと思うんだけど、この映画はただ単に刑事と刺客という1つだけなので結末も予想できるし、気楽に見れました。
ただ、映像はなかなかスタイリッシュで、音楽も綺麗だし、衣装もかなり凝ってて、良かったです~。

f0185577_17175166.jpg
そして、なによりカン・ドンウォンssiがあんなに美しいなんて~。
やっぱり、長身のナムジャが前髪ハラリ~で戦う姿は無敵です・・・私的には。
この映画のドンウォンssiはあまり喋らないキャラなんですが、その代わりあの綺麗な瞳が語っているって感じでものすごく良かったです。
もし、今後、彼の史劇姿があればもう一度見てみたいわぁ~。


それにしても、この映画を観た後、なぜかいきなり「茶母」を見たくなり、ラスト2話だけDVDをいきなり見てしまって、またまた軽く廃人化・・・。
さすが「茶母」、あのドラマは別格ですねぇ。
相変わらず、ファンボ・ユンもちゃん・ソンベクも素敵でウットリでした~。
ということで、今日はリュ・スヨンssi→カン・ドンウォンssi→イ・ソジンssi&キム・ミンジュンssi とウットリしまくりの一日でした~。
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-11-12 17:30 | ■■韓国映画■■
<< 韓国映画 『霜花店(サンファジ... | ページトップ | 輪廻-NEXT- 第6話まで >>