Top
【韓国ドラマ】 イニョン王妃の男 評価★★★★★★★7
f0185577_23255894.png
全16話 2012年 tvN

【出演】
チ・ヒョヌ / キム・ブンド役
ユ・インナ / チェ・ヒジン役

評価は、最高評価の★7つです。
久しぶりに韓国ドラマで★7を付けた気がします。

パーフェクトに可愛いロマンティックなドラマだったと思います。
2年前のドラマだし、既に日本では何度も色んな所で放送されていて、視聴済みの方がほとんどだと思うのでMore以降もネタバレは多少あります。



f0185577_23264390.png
大陸ドラマ「蘭陵王」を挫折した後、お口直しに何を観ようかと思いチョイスしたのがこの「イニョン王妃の男」でした。
別に韓国ドラマを以前のようにガッツリ視聴するつもりはないんですが、たまたま今年は「ナイン」「主君の太陽」と韓国ドラマを観ていて、今なら何となく韓国ドラマも少しくらいは観れるような気がしています。
で、どうせ観るなら新しいドラマの方が面白いに決まっているので今更ここ数年間のブランクの間に話題になった韓国ドラマを視聴するつもりはないんですが、その中でもこの「イニョン王妃の男」だけはずっといつかは観ようと思っていました。韓国ドラマを観れるような気分(?)になった時の為に温めてたというか(笑)
そんな無駄に高くなっていた私のハードルなんですが、このドラマは本当に期待通りに良かったです。

というか、先に視聴した「ナイン」はこの「イニョン王妃」のスタッフが制作したんですよね?
私は視聴順番が逆になっていますが(笑)

「イニョン王妃の男」「ナイン」ともにタイムスリップを題材にしたドラマですが、面白さのタイプが少し違うと思います。
先が見えない読めないワクワク感は「ナイン」にもありましたが、個人的に「ナイン」に関しては恋愛パートにあまり盛り上がれなくて、ひたすら主人公の行く先が知りたくなるような面白さだったなぁと思います。
でもこの「イニョン王妃」は恋愛パートが本当に丁寧に描かれていてむしろそれがメインになっていて最後まで楽しめました。

個人的に★7評価を付けた最大の理由は、このドラマのセンスの良さが好みだったから。
余計な要素を必要以上に描かず、タイムスリップ、過去の時代での政争や現代でのヒロインの環境などいくらでもエピソードを膨らませる余裕はあっても必要以上に長々と描かない潔さがこのドラマを上質に仕上げていると思います。だからと言って決して説明不足ではないからきちんと理解出来るこの匙加減が上手いというか。
ひたすらブレずに主役二人が相手を想う気持ち、その部分だけをガッツリ描いているので、観ている方も気持ちいいくらい楽しめるんだと思うんです。
f0185577_23280045.png
それにしても、このドラマのメイン二人は本当に観ていてニコニコしてしまう感じでした。
何というか、この二人の願いがとってもシンプルなんですよね。
“大好きなあの人と一緒にいたい”
ただ、それだけなんじゃないかなぁと。
300年の時を経て不思議な縁で巡り会った二人が恋に堕ちて願うのはその事だけというのがドラマ的なんだけどとっても素敵。
そんな二人だから、余計な回り道もしないし、変な意地を張ったり気を遣って悪循環になる事もなく、だから傍迷惑に周囲を巻き込むこともなく、愛し合うさまが微笑ましくてたまらなかったです。
そりゃ、こんなドラマでこんな役を演じたら実際の二人も恋に堕ちるのは当たり前かと(笑)


f0185577_23271599.png
そして、チ・ヒョヌ君。
一番最初に彼を観たのは「オーバー・ザ・レインボー」で主役なのが理解出来ないくらい悪印象なキャラだったのに、「天下無敵イ・ピョンガン」でなかなかいいと好印象になり、この「イニョン王妃の男」で超魅力的に感じました。
顔は決して好みではないんですが、何というか“雰囲気イケメン”というか、このドラマのキャラは最高に魅力的でした。
とびっきりクレバーで常にクール、でも頭が固いわけではなく、決断力も実行力もあり、そして何より孤独に耐えうる強さをサラリと持ち合わせているキム・ブンド。
何かを得るためには何かを失うという真理を実感し、素早く大切な一つを選択し最善を尽くせるあたりが本当に魅力的でした。
またユ・インナちゃん演じるヒロインのヒジンがすごく可愛いキャラでした。
おっとりしてるけど芯は強い女性。何というかウザくないしイタくないんですよね~。このヒロインが苦手って言う人はあまりいないんじゃないかと思うんですが。
主役カップル二人が本当に魅力的だったから、本当に観ていてストレスフリーで楽しめたドラマでした。

個人的に序盤の数話は少しマッタリ感じたんですが、中盤から一気に面白さが加速してきて、終盤は畳みかけるような展開と納得の結末に大満足でした。16話という尺の使い方もすごくテンポが良くて過不足なく綺麗にまとまったドラマだったなぁと思います。
あっ、そうそう噂(?)になっていた監督版で観れるカットされていた本当のラストシーン(笑)
某サイトで観ました(^^;) さすがケーブル制作というちょっとアダルトな仕上がりになってましたが、そこからあの例のスギョンの三回目のやり取りに行くというギャップが凄すぎるかも。
ま、さすがにあのシーンはカットするという判断もこのドラマ制作陣のセンスの良さなのかな・・と♪

個人的に韓国ドラマ自体をあまり視聴しなくなっているので、このドラマも観ないままになるのかなぁと思っていましたが、やはり縁があったということなんでしょうね。本当に観て良かったなぁと思います。

[PR]
Top▲ | by futonlove | 2014-08-17 22:38 | イニョン王妃の男
<< 今秋のお楽しみドラマ | ページトップ | 近況と挫折のお知らせ >>