Top
カテゴリ:大祚榮( 104 )
Top▲ |
大祚榮というドラマを今更考える・・・
f0185577_0293758.jpg私が今年上半期最も嵌ったドラマがこの「大祚榮」です。
このブログの総記事の4分の1がこのドラマに関する記事なんです。(現在のところ)。

もし、物好きな方がいらっしゃったらココをクリックして頂ければ、その記事が全て読めます~♪ (いや、誰もそんなモノに興味はないでしょう・・・笑)003.gif

もうこのドラマについては熱く語りすぎた感があって、今更記事を書くこともあまりないだろうなぁ~と思っていたんですが、なぜ今更再びこのドラマについて記事を書いちゃっているのかというと・・・

それは、現在私が「朱蒙」を見ているからなのかもしれません。

私の勝手な思いこみなんですが、ほとんどの韓ドラファンの史劇の嵌り方って、いわゆるイ・ビョンフン監督作品「チャングム」や「ソドンヨ」から嵌って、「朱蒙」という流れがメジャーだと思うんですが、私は本当に史劇初心者なので、いきなりいろんな段階をすっ飛ばしてこの「大祚榮」に行ってしまったんです・・・(笑)。

そして、見事に「大祚榮」に嵌った後で、「ソドンヨ」「海神」「朱蒙」という順番で史劇を見ているというかなり変わったパターンなんですね。

特に現在私がかなり嵌っている「朱蒙」・・・これを見ていると、今更のように「大祚榮」というドラマの魅力が分かってくる気がするんです♪

さて、その魅力とは・・・

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-07-22 01:20 | 大祚榮
コルサビウの魅力
f0185577_0302370.jpg(私が視聴しているのはノーカット版の為、BS版でのカットされている部分についてたまに感想を書いていることがあります。)

ちなみに初見のときの記事は、コチラ

現在、再放送で53話くらいまで来てますよね。

とにかく、このあたりは瀕死の主人公より、 コルサビウに注目ですよね~(笑)

私は、この「大祚榮」が大好きなんですが、
“このドラマには変わらないからこその良さと、変わっていくからこその良さがバランス良く散りばめられている”
ところが好きなんですよ~。

どういうことかと言うと・・・

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-06-18 01:13 | 大祚榮
遼東の守護神ヤン・マンチュンが遺したもの
f0185577_13312896.jpg(私が視聴しているのはノーカット版の為、BS版でのカットされている部分についてたまに感想を書いていることがあります。)

ついに第33話で、ヤン・マンチュンが非業の死を遂げましたよね・・・。

一度最終話まで完走している私ですが、
再び見て、
やっぱり泣けました・・・(ノ_`。)

高句麗の大黒柱であったヨン・ゲソムンが亡くなったときは、まだ高句麗にはヤン・マンチュンがいたんですよ。
息を引き取る時には、実の息子のように育ててきたテ・ジョヨンが側にいたし。

でも、この状態で死んでいくヤン・マンチュンがどれだけ無念だったかと思うと・・・。007.gif
あんなに部下に慕われ、民衆に愛された英雄が、戦場ではなく刺客の手にかかり一人で息絶えたかと思うと・・・。

軽い気持ちで33話を見始めたら、泣けて泣けて、結局DVDで36話まで見てしまいました(←バカです、私・・・)

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-24 14:25 | 大祚榮
大祚榮 公式ガイドブック 
f0185577_15135755.jpg予約していた大祚榮の公式ガイドブックがついに昨日届きました~。016.gif

実は、昨日、映画の待ち時間にふらりと入った書店で発売しているの見て、思わず手に取ってしまった~。
“高句麗 遺民の英雄”なんて、素敵な響き~。
あやうく、2冊も買うところでしたよ~^^。


で、昨夜からチョコチョコ読んでますが、捨てページなしって感じですごく すごくお買い得072.gifです。





で、その内容というと・・・・

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-16 15:39 | 大祚榮
再び 大祚榮 テジョヨン 第28話まで
f0185577_18125822.jpg
(私が視聴しているのはノーカット版の為、BS版でのカットされている部分についてたまに感想を書いていることがあります。)

昨日確認したら、どうもこの記事が記念すべき「大祚榮関連の記事100番目」ということになります~。
一体、どんだけ記事書いてるんでしょうか、私は?

ということで、やはり栄えある100番目には高句麗で私が大好きな遼東の武将の3人をアップしてます~。053.gif

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-13 18:50 | 大祚榮
大祚榮 最大の謎について・・・
f0185577_2392721.jpg私が初めて見た本格史劇が大祚榮だったので、他の史劇と比較して見ることもなく最後まで完走しちゃいました。

ところで、最近、同じKBSで大祚榮の前に制作された海神を見てて、ようやく以前リンクさせてもらっている方のブログで記事になっていた点が気になりました~。



それは、



「なぜ、大祚榮では中国人も韓国語を話しているのか?」

という事です。

確かに海神では、みんな中国語を話しているし、チェ・スジョンssi演じる主人公も今はまだ中国語を話してないけど、多分いずれは話すのではないか・・・と思ってます。
ヨンムンも、チョンファも話しているしね~。

で、私は、この大祚榮最大の謎(大げさな・・・)について考えてて、一つの結論に達しました!

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-11 23:29 | 大祚榮
ヨン・ゲソムン追悼企画?  高句麗で一番好きだったオッサンは・・・。
f0185577_10235646.jpg高句麗は大黒柱であるヨン・ゲソムンが亡くなり、滅亡への一途を辿り始めます・・・。
もちろん、ヨン・ゲソムンが生きていたとしても、高句麗の滅亡という歴史の必然は避けられなかったかもしれませんが・・・。
歴史に、“たられば”を言い出すとキリがないからね~。

ところで、このドラマ、序盤はひたすらムサイ爺さん&オッサンだらけです。



「朱蒙」以来、千年の栄華を誇った大高句麗の最期が少しずつ近づいてきているので、私がこの高句麗で一番好きだった人を発表します~。(*`∀´*)ノ

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-09 01:59 | 大祚榮
再び、ヨン・ゲソムンが亡くなられましたね
f0185577_21333541.jpg再放送で先日放送された24話で、ついにヨン・ゲソムンがお亡くなりになりましたね・・・。

実は、私は最近、大祚榮の視聴が滞ってます・・・。というのも、もともと録画してみているわけではなく、全話DVDで持っているので、いつでも見たいときに見たいところを見れるというのが、やはり緊張感のなくなる理由でして・・・(笑)
録画していてHDDの容量を気にする必要もないので、ついつい、新しいドラマに行っちゃってます。



ただ、さすがに24話の時は、記事を書こうと思っていたんです。
でも昨日は連休明けの仕事でただでさえ疲れたのと、私は内科クリニックで医療事務をしていて同業者の方がもしいらっしゃったら分かられるかと思うんですが、今月のレセプト提出期限は過酷なスケジュールでした。10日が日曜日なので、8日が期限になってしまったんです。ちなみに私が勤務しているクリニックは個人経営とは思えないレセプト数でして毎月1000件以上はあるんですが、私がある程度仕事の日程を決めれるので大胆にもGWも仕事をせず、昨日1日で3日分の仕事量をこなしたため、さすがに疲れていたみたいです・・・(;´ー`)ノ
仕事より、韓ドラ視聴を優先させた自分が一番悪いんですけどね・・・(笑)
っていうか、そんな私に付き合わされる周りのみんな、ゴメンね~。
そんなこんなで、無事に期限に間に合い、一安心。

さあ、ハッパの哀悼記事でも書くか~と思ったんですが・・・・

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-08 22:01 | 大祚榮
大祚榮の魅力 PartⅠ
f0185577_1325933.jpg再放送に合わせて、ボチボチとまた見てます。

ようやく17話で、父子の名乗りを出来たテジュンサン&テジョヨン親子。
初見の時は、涙なんだか鼻水なんだか分からないくらい豪快なチェ・スジョンssiの泣き顔につられて泣いてしまった。本当にムサ苦しいオッサン同士の抱擁シーンなのにねぇ・・・(笑)

ところで、この大祚榮というドラマをなぜ私がこんなに好きなのかというと、

「大祚榮にはロマンがあるから060.gifなんです。

どういうロマンかというと・・・

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-05-02 09:05 | 大祚榮
再び 大祚榮 テジョヨン 第16話
f0185577_029645.jpg(私が視聴しているのはノーカット版の為、BS版でのカットされている部分についてたまに感想を書いていることがあります。)

私がドラマに嵌るとき、一気にテンションが上がって嵌ることがあります。
私の中ではこの現象を「クラッチが合う」と勝手に呼んでます・・・(笑)
マニュアル車を運転する人にしか分からない例えでスミマセン。

何の話をしているのかというと実は私、この大祚榮を最初に見たとき、なかなか嵌れなかったんですよ。
だって、初めての史劇だし、ムサイし、とにかく1日1話見るのが限界でした・・・(笑)

そんな私がなぜこのドラマに大嵌りできたのかというと・・・。

More
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-04-28 00:44 | 大祚榮
| ページトップ |