Top
大祚榮 テジョヨン  第37話まで
f0185577_2148731.jpg

高句麗が滅亡してしまいました~。

平壌城の陥落=高句麗滅亡 と思っていいんですよね。



  






あの大陸で900年もの長い間、栄え続けた高句麗の最後はとてもあっけなかったです。
同じ職場で先にBS版を見ている人に、“すごくあっけなく滅ぶよ~”と言われてたんで、覚悟はしてたんですが、本当にアッサリと・・・。
大臣達、本当に約束が守られると思ってたんかいっ。
でも、ここからいかにして渤海を建国していくのかが、そもそもこのドラマの本筋なんですよね?
あまりに盛り上がりすぎて、すっかり忘れそうでした(笑)

36話で、唐に捕まったテジョヨンを逃がすヨンナムセン、どんどんいいキャラになってます。
そして、37話で弟のヨンナムゴンと再会するシーン。
不覚にも、この兄弟で泣いてしまいました~。
ナムゴンはここで死んだのかと思ったら、38話をちらっと見たら、生きてたのね~。

そして、契丹の可汗。
37話ラスト、必死に民を逃がして城門を閉め、戦おうとするテジョヨン達を逃がすシーン。
「今まで多くの勇者を見てきたが、民の為に戦う勇者は初めてだ」
今まで、ずっと唐に巻き込まれていいなりだった可汗を見直してしまいました。
それにしても、イヘゴのテジョヨンに対する敵対心はやはりチョリン絡みの嫉妬心???

次から、新展開の予感。
まだ、100話近くもあるんですね~。
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2009-01-10 22:06 | 大祚榮 | Comments(6)
Commented by SOPHIL at 2009-01-10 23:57 x
こんばんは
ドラマ的には高句麗が滅亡するなんで信じられませんね。
史実を元にしているので仕方ないのですが
暫くしたら流れをくんだ高麗や渤海として国ができるので
大丈夫でしょう。

BS版の視聴にしては放送回数がちょっとずれていると
思っていましたが別のメディアで視聴されているんですね。
Commented by futonlove at 2009-01-11 02:34
こんばんは、SOPHIL様。
そうなんです。BS版の放送がかなり進んでから見始めたので、DVDで追いかけている状態です。
追いついたら、放送に合わせて見る予定です。(我慢できればの話ですが)
予定では、今月中には追いつけるかなと思ってます。

今まで、教科書でしか習ったことのなかった高句麗という国の名前が、このドラマに出会って、一気に命が吹き込まれ鮮やかに私の中で光り輝いてますよ~。こういうドラマに学生時代に出会えてたら、もっともっと歴史の勉強は楽しかったかもしれませんよね。
ところで、このドラマのロケって韓国でしたんですかね~。いつも気になります。(笑)
Commented by SOPHIL at 2009-01-11 09:34 x
こんにちは
ロケは長安に関しては不明ですが
高句麗関連の国内ものに関しては
『快刀ホン・ギルドン』ロケ地とほぼ一緒の「ソラクシネラマ」内のものです。
「秋の童話」の渡し舟のあった草束市近くです。
(韓国では一番北東にあたります。)

http://www.seorakcinerama.co.kr/studio/image/cyber_map.jpg
http://local.naver.com/siteview.nhn?code=100447999

前半で安市城として登場する城壁は清州にある上党山城の城壁址です。
歴史で簡単なのはこちらでしょう。
http://www.blu.m-net.ne.jp/~tashima/b23.html
Commented by futonlove at 2009-01-12 00:06
SOPHILさん、詳しい情報ありがとうございます。
「大祚榮」と「快刀ホン・ギルドン」が一緒のロケ地というのが、またまたすごいですね~。
歴史に関する記事もありがとうございます。
少しずつ、調べながら見ていくのも楽しいですね~。
Commented by ユソン at 2010-11-13 02:41 x
futonloveさん・・・

ついさっき高句麗の滅亡まで観ました・・・@@

ヤンマンチュンの死から怒涛の展開で・・・プギウォンめ~~~!!

ここまでがプロローグで,ここからが始まりなのですよね♪
・・・長っ!!@@

予告篇の雰囲気が変わりましたね^^
次もワクワクどきどきですね!

4部構成とお聞きしましたが・・・次はどこまで・・・

・・・えっ!!ナムゴンって死んだんじゃ・・・・!?


とにかくもうテジョヨン病に感染してしまったようです・・・・##
Commented by futonlove at 2010-11-14 18:36
ユソンさん。
こんばんは~(^^)/

おぉ~、ついに滅びましたか。
そう、ここからが本当のスタートなんですよね~。
30数話もプロローグってすごいドラマですが、このプロローグがあるからこそ高句麗への想いとかが分かるので必要な部分なんですよね。

今までは既存の国がどんどん崩壊していくし、それが内部の紛争のせいというのもあってイライラしたこともあったんですが、全てを失った状態から立ち上がっていくのを見るのがすごくワクワクするんです~。

そうそう、ナムゴン(笑)
私も絶対に死んだと思ったのに、意外でしたよね~。
しかし、これからもこの兄弟は色々意外です(爆)

テジョヨン病・・・私も経験アリなんですが、感染している本人はかなり楽しいのでぜひお楽しみください~(*^_^*)
<< 大祚榮 テジョヨン  第... | ページトップ | 大祚栄  テジョヨン 第35話まで >>