Top
彩雲国物語 完結
f0185577_1626396.jpg

このブログのコメント欄で以前オススメしてもらったこの作品。
ついに完結しましたね~。
本編18巻+番外編4巻というこの作品。
私がこの作品を読んだのは1年半前からなのですが、実際に最初の発売時期から読んでこられた方にとってはこの完結への想いはもっと感動的な事かと思います。

あとがきで原作者の方が書かれてたように、“始まりがあって終わりがあるのが物語”という言葉。
確かに小説でも漫画でも長年続いている名作というのはあります。
ヒット作で敢えて終わらせるというのは勇気がいることだと思いますが、終わりがあって終着点に辿り着き、再び最初から何度でも楽しめるというのはまた至福の喜びなんですよね^^。

と言うことで、今月の冒頭に早々に完結編を読み終えた私ですが、またまた第1巻から読み返してます♪ もう、これで5度目なんですが、ラストを知っている安心感で読むのもなかなかイイものです。

ジャンル的にライトノベルに属するであろうこの作品。
確かに読みやすい文章は特徴的ですが、ストーリーは意外としっかりとしてて、本当に巡り会えてヨカッタと思うような作品でした♪

以下、ラストに関する軽いネタバレ有り。



とにかく途中から気になったのが、ラストはどうなるのか・・・と言うこと。

秀麗の命は?
劉輝と秀麗は結ばれるのか?


作品序盤から繰り返し出てきた“伝説の女性官吏”フレーズがあるので、このまま秀麗が死んでしまうことはないと信じたかったけど、途中でストーリーがブレたらどうしよう~と心配にもなりました。いや、確かに充分秀麗は頑張ってきたけど、もっともっと走って欲しかったし。

本当に秀麗の生き様は、立派すぎるこくらいで読んでいると鮮やかで爽快な気分になってきて、ここまでヒロインを応援出来るからこそこの作品を何度も読み返すことが出来るのだと思います。
そして、秀麗以外の女性キャラも本当にみんな魅力的で美しく強くて素敵でした^^。

男達も何だかみんな憎めない欠点を持ちつつも、不器用に真っ直ぐに自分の信じた道を進んでいこうとしている姿が愛おしくて、その中でも最も頼りなさげな国王・劉輝というキャラが実は最強だったのかも・・・とすら思えてきて、本当に愛おしいキャラたちでした。



あと、本当に最後までドキドキしたのが悠舜。
気分は劉輝とシンクロしてしまい、悠舜を本当に信じていいのか、悠舜が目指すものは何なのかドキドキしました~。
そして、最終巻。
彼が最も美味しい場面で登場したとき、まさに“キターッ”って感じで(笑)
誰よりも切れる頭脳と、脱力するほどの性悪さを優しい仮面の下に隠した当代鳳麟。
いや、本当に好きなキャラでした(笑)

それ以外にも本当に魅力的なキャラが多くて、もう順位を付けるのも無理なくらいなんですが、
やはり私は燕青が大好きでした♪
太陽のように明るく豪快なキャラに見えて、実はとっても頭も切れ、ひそかに秀麗を愛していながら、ずっと彼女の補佐として生きて行く素敵キャラ。
静蘭と正反対のようなキャラでありながら、おそらく静蘭ですら認めざるを得ない魅力を持つ燕青は本当にお気に入りでした~。


リオウのまさかの人生にも笑っちゃったし、茶州の小さい女の子・朱鸞を最後に持ってくるあたりがまたまたシビれました~。

私だけの感覚かもしれないけど、この作品は何となく私の大好きな漫画「BASARA」にも通じるものがあって、本当にお気に入りの作品となりました。

本来、この作品はデビュー作であり1巻で完結予定だったと聞いてます。
それをここまで大風呂敷を広げつつ、数多の綺羅星のような登場人物を増やしながらも最後は見事に完結したというその偉大さに感動しつつ、これから何度でもこの愛すべきキャラ達が懸命に生きていくこの作品をリピート出来る喜びで一杯です。

最後に、この作品をお薦めしてくださった“ちーちゃん”。
本当にありがとうございます~♪
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2011-07-19 16:56 | ■小説・漫画 雑感■ | Comments(12)
Commented by 花音 at 2011-07-20 17:07 x
こんにちは~。

昔、コバルト文庫読んでました~^^
「彩雲国物語」ですか・・・読んだことはナイですが
私も大好きな『BASARA』に通じるものがあるなら面白いでしょうね!
小野不由美さんの『十二国記』はテレビアニメで少し観たことがあり、
氷室冴子さんの『なんて素敵にジャパネスク』は漫画では読んだことがあります・・・

今、ノベルズで出ると買って読む小説は、
高田崇史さんの【QEDシリーズ】と【カンナシリーズ】
西風隆介さんの【神の系譜シリーズ】など、やはり歴史的な物が多いですね。
Commented by futonlove at 2011-07-20 18:13
花音さん。
こんにちは~(^^)/

「彩雲国物語」はアニメ化もしたし、現在は漫画でも連載されてる有名な作品みたいです~。
私は原作の小説しか読んでないんですが、本当に面白かったです!

コバルト文庫! 懐かしいです~。
小学生の時、氷室冴子さんの「なんて素敵にジャパネスク」を始め嵌りました~。

「十二国記」はすごく興味があるんですが、未だに手がだせてないんです~。

私はわりと読書も好きなんですが、なぜか同じモノを何度も読める体質なので、色々と手を出せないんですよね~。
でもいつも何か面白い本・シリーズがないかと興味津々ではあります^^。
Commented by しっぽにゃ~ん at 2011-07-22 18:38 x
futonloveさん、こんにちは(*^.^*)

アニメを見てました!!
ラストまで作ってくれるといいのになぁ~
続きが見たいと思ったアニメです。

原作は手を出しておりません(^_^;;)
いつか・・・読むかも??
なので、ネタバレ部分は読んでおりません。

私も、すごく好きな本は何度も読めますよ。
今は、「パーンの竜騎士」シリーズをリピしてます。
読み始めると、全巻読んでしまいます。
Commented by futonlove at 2011-07-22 20:50
しっぽにゃ~んさん。
こんばんは~(^^)/

アニメはご覧になってたんですね~。
私はアニメは観てないので、どこまで創られたのか調べたんですが、どうやら本編の12巻ぐらいまでみたいですね。
それは、最後まで創って欲しいですよね~~~。

いつか原作を読まれるかもしれないので、ネタバレは書きませんが(笑)、私はすごく好きなラストでした~。
好きな本は何度でも普通に楽しめますよね♪

「パーンの竜騎士」シリーズ。
知らなかったので、調べてみたらファンタジー? SF?
何だか不思議な印象を受けました~。
本当に世の中には知らない本が一杯ありますよね~~~。
Commented by しっぽにゃ~ん at 2011-07-27 16:35 x
futonloveさん、こんにちは(*^.^*)

「パーンの竜騎士」は、10年前くらいに私が揃えた時は絶版だったような気がします。旅行に行った時などに本屋めぐりして手に入れました。はまると全巻読みたくなります。

最初はファンタジーと思って読んでたら、ものすごいSF要素が出てきます。読み始めると、パーンの世界の住人になり、抜けられません(^_^;;)
機会がありましたら、パーンの世界にいってみて下さい。

話は変わって・・・今クールのドラマは、ドン・キホーテが最高に好きです。いつも大爆笑で見ています。主役2人の演技力のなせる技ですねv(⌒o⌒)v
Commented by futonlove at 2011-07-28 15:26
しっぽにゃ~んさん。
こんにちは~(^^)/

「パーンの竜騎士」
確かに調べてみたら、絶版になってますね~。
初版年月日を調べてたら私が小学生の時でした(笑)

今クールの日本ドラマ。
「ドン・キホーテ」は安定した感じデスよね~。
主役の2人が上手いので。
ただ個人的に成海璃子ちゃんが演じるキャラが妙に面倒くさいんですけど(^^;)
Commented by ちーちゃん at 2011-07-31 16:04 x
お久しぶりです~!!
っていうかコメントしないだけで最近は
読んでるだけだったんです(^_^;) ごめんなさい。

彩雲国、素敵なラストでしたね。
こんなに大好きな小説は本当に久しぶりで
終わってしまうのがちょっと悲しかったです。
そしてfutonloveさんが彩雲国を気にいってくれて
とてもうれしかったです。
紹介してよかった~\(^o^)/
次回作がどんなお話になるのか気になりますね♪

そういえば日本版の『美男ですね』ですが
意外と楽しく見てます~。衣装とか小道具で
日韓の違いを見つけたりして独り言を
連発してます~(笑)

Commented by futonlove at 2011-07-31 23:49
ちーちゃん♪
お久しぶりです~~~(^^)/

本当に彩雲国を紹介してくださって、大感謝です♪
存在は知ってたけど、まさかこんなに素敵な小説だとは思ってなかったので、本当にちーちゃんには足を向けて寝れない気分です(笑)

ラスト、本当に素敵でしたよね~。
もうラストがどうなるのか、ここまで読んできて満足できるラストなのか心配でしたが、本当に終わったのは寂しいけどこのラストで良かった・・・という気持ちです。
いや、色々とその後が気になるキャラは大勢いますが(笑)

本当にこんなに素敵な小説を紹介してくださって、ありがとうございます~。


あっ、そうそう日本版「美男ですね」
私も意外と楽しく観てます♪
韓国版を観てるときは、比較的韓ドラテイストの低めなドラマだと思ってたんですが、やはりいざ日本版を見ると、日韓の違いを感じますよね~。
私も一人で“ホッホー”とか言いながら観てます^^。
Commented by mina at 2011-09-11 21:16 x
読み終わりました~っ!う~ん、素敵なお話しでしたね。

futonさんのところにこうして遊びに来なければ出会えない小説でした。これは少女小説っていうのかな?
人をほとんど殺さないっていうのが女の子向けですよね。
だからすごく安心して読めました。
何年も前に読んだ『テンペスト』より全然好き。

最終巻は結局誰もがいい人、いや素晴らしい、愛すべき人達になって、まーるくまーるく収まりましたね。
それもすごくよかったです。
だって、みんな国を良くしたいという根っこは一緒だから。
ただ、ちょっと凌晏樹だけは死んでもいいかと思ったんだけど(;^_^A

個人的には秀麗に子供を産んでからももう少し生きて欲しかったです。やっぱりお母さんの記憶が無いなんて、子供が可哀想。劉輝もあれだけ待ってたったの一年の結婚生活なんて、可哀想過ぎませんか?

私も燕青が一番好きですね。体育座りしてる後ろから燕青に抱きしめられてる秀麗。羨ましい!!
二番目に好きなキャラの悠舜も元気で死ななくてよかった。

地震やら水害など状況が似ている今の日本に、こんな官吏達が居てくれたらと読みながら何度も思った小説でした。

Commented by futonlove at 2011-09-12 01:14
minaさん。
こんばんは~(^^)/
おぉ~、私も昨日また最後まで読み終わって余韻に浸ってました~。確かに人を殺さないのは少女小説的だけど、意外としっかりとしたストーリーとテーマだから、大人でも普通に楽しめますよね~。私は好きなモノは何度でも楽しめる体質なので(笑)、また最初から読みたい気持ちになってます(^_^;)

それぞれの選ぶ道や方法は違っても、目指す夢は一緒なので、最後にそれを全部ひっくるめて、何も壊さず誰も殺さず、上手く収まってくれて本当に安心しました~。ま、確かに凌晏樹に関しては私もそう思ったんですが、まぁそれが劉輝のやり方なんですよね~。
私が最初にこの小説を薦められて読んだ時は、秀麗がどうなってしまうのか全く分からない状態だったので、確かにラストはもう少しだけ長く生きて欲しかったという想いもあるんですが、それでも官吏として人生を駆け抜け、わずか1年足らずだけど唯一の妃にもなり、無理だと思ってた子供を遺せた事で胸が一杯になりました。
いや~、何だかこの文字制限のあるコメント欄では書ききれないくらい想いが一杯で、確かにこんな官吏たちがいてくれてそれを活かせるリーダーがいる国・・・理想的ですよね♪
Commented by 流星は謎? at 2011-09-30 17:03 x
9月も終わりですね。
手の方もまあまあ快方に向かい、明日から仕事復帰です。
今月は突然のロングバケーションとなり、彩雲国物語全巻一気読みや「成ス」の原作本などたっぷり楽しめました。
その休みの最後に、たぶんこちらで、futonloveさんのつぶろぐか、他の方のかは定かではないのですが、黄暁明、李歐、桜・・・というつぶやきを見て、「李歐」が高村薫さんの初期作品だと知り、アマゾンで即購入しました。

2日間続けて東京まで行く用があり、電車の行き帰りで読んだのですが(我が家は都心まで電車で50分弱)、夢中になってしまい、乗り過ごしてしまったほど。家に帰って読むのを我慢できず、最後はスタバで読みました。高村作品は、重くて敬遠して、あまり読んだことが無いのですがこれはとんでもなく面白かったです。

中国語をやるか漢詩を学びたくなるような作品でした。まあ、今の私にできることは来日した京劇をみることくらいかな?
今まで接点のなかったものにいろいろ触れることができたのもfutonloveさんのおかげです。多謝!
Commented by futonlove at 2011-10-01 22:57
流星は謎?さん。
こんばんは~(^^)/

10月になりましたね~♪
今日から仕事に復帰されてるんですね。

あっ、「李歐」!
私もつぶやいてましたが、そもそもキッカケはリンクさせてもらってるブログで話題になってたからなんです。
以前一度だけ読んだことがあったんですが、意識して再読するともう李歐がまさに黄暁明でピッタリな感じで(*^_^*)

私も高村作品は重いイメージがあって、ほとんど読んでないんですが、この「李歐」は何だか好きです!
そうそう、中国的な音楽が感じられる作品ですよね~。
私は関西在住なので、余計に親しみを感じてしまいます。

ドラマでも小説でも自分の心の琴線に触れるモノとの出会いって本当に嬉しい事ですよね~。
こんな気ままなブログが少しでもお役に立てたのかもと思うと、本当に光栄です~。
<< 【韓国ドラマ】 トキメキ☆成均... | ページトップ | 【日本ドラマ】「美男〈イケメン... >>