Top
【台湾ドラマ】 泡沫の夏 第12話まで
f0185577_23503274.jpg

こんなドラマ、今まで観たことないかも!

台湾ドラマとしても異色だけど、韓ドラにもないタイプだし、とにかくぶっ飛んでるドラマだとしか私の貧困なボキャブラリーでは表現出来ないのが恨めしい・・・vv。

何というか、一歩間違うとギャグドラマになりそうな感じなんですよね(^^;)
例えがオカシイけど、Vシネとか東海テレビ制作の昼ドラ的な感じというか。

すんごいシリアスなシーンで、我慢出来なくて“ブハッ”と笑ってしまう事がたまにあるんですけど(笑)

コレは、リンク友さんのブログで表現されてたもののパクリ(!)ですが、一番近いのは間違いなく一条ゆかり先生の漫画だと思います~。と言っても、「有閑俱楽部」みたいな明るいテイストではなくて、「プライド」「デザイナー」「砂の城」系の世界観がすごく似てるので、それらの漫画が好きな人だったら間違いなくこのドラマは超好みだと思います。

以下もネタバレはなしです。



f0185577_05114.jpg

それにしても、よくぞピーターはこの作品をドラマ化しようと思ったわね~。
黄暁明の映画の撮影のクランクアップが遅れたせいで、このドラマの撮影が2か月くらい遅くなって、本当に大変だったとか、ピーターは初プロデュースで本当に金銭的にも色々大変だったけどまたドラマや映画で稼いで自分で作品を作ってみたいとインタビューで答えてるのを読んだことがあります。
この「泡沫の夏」も原作に惚れ込んだピーターがドラマ化したらしいけど、いやまさかこんなぶっ飛んだドラマを作っちゃうなんて、凄すぎ^^。

コレは私だけが感じる事かもしれないんですが、たまににドラマ中の音楽が私がかつて大好きだった80年代の香港映画みたいでものすごくツボなんです。なんでそこで香港ノワールな感じなんだっっっと一人で爆笑してます。


そうそう、ストーリー的にはそろそろピーター演じる歐辰に頑張って欲しい感じデス。
いや~~~、でもこの歐辰は何ともナデナデしたいようなキャラですよね~(私だけ?)

f0185577_0244262.jpg

強気かと思いきや、ものすごくヘタレ(笑)
この世の全てを兼ね備えている王子様なのに、ビックリするくらい弱気というか(^^;)
もう、可愛くてたまらないっっっ。

ピーター様ってとにかく働き者なので出演作が多すぎるんですが、現在台湾で放送してるチュンニンちゃんとの新ドラマをチラ見したりすると、わりと気のイイ優しい兄ちゃん的なキャラが多いらしいですね~。
いや、それはソレで魅力的なんですが、「楊家将伝記」の四郎の時もそうなんですが、ピーター様のこの手のグレたようなキャラはもう超絶的に悶えてしまうというか、そそるというか。

暁明演じる洛煕もそれなりに好きなキャラではあるんですが、やはり私はピーターのこの手のキャラが大好物です!


あっ、そう言えば洛煕が住んでる家って、タァム(@笑うハナ)の家ですよね(笑)
たまに、タァムとハナのヘンテコなやり取りを思い出してしまいます(^^)/


さてさて、後半に突入!
果たしてあのヘタレな王子様は幸せになれるのか、楽しみに観ていきたいと思います~♪
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2011-11-01 00:38 | 泡沫の夏 | Comments(10)
Commented by こあら at 2011-11-01 14:01 x
futonloveさん、こんにちは!

>東海テレビ制作の昼ドラ的な感じというか

これ、言ってよいか悩んだのですが(笑)futonloveさんが言ってくださってスッキリしました!!東海テレビチックですよね。
「華の嵐」だか「夏の嵐」だかすっかり忘れましたが、高校生のときの夏休みにみていた東海テレビの昼ドラみたいだなあと私も思いました。(古すぎてごめんなさい、でもこれしかみていなくて・・・)

お芝居やオペラだったらよくある感じなんだけど、連ドラだとものすご~いチャレンジですよね。

>香港ノワール

激しく同意&爆笑!

これから歐辰ますます素敵なので堪能してください~



Commented by hana at 2011-11-01 20:00 x
こんばんは~♪
 このドラマ、以前にも書きましたが、私は、最初から最後まで、断然ピーター派でした。
 そうですよね。前半は、なぜ、このドラマを自分でプロデュースして、この流れ?って感じですが、後半、よくなった覚えが…。かなり、リアルタイムに近い感じで、夢中になって見ていたのですが、なかなか濃い味付けで、すぐに見返そうという気にはなれなかったような・・・。細部もぼやけてきたので、そろそろ、また見てみようかな~。
 このピーター・ホーは、ビジュアル的にも相当いいですよね! 今のチュンニンちゃんのドラマより、ビジュアルは絶対こちらが好み♪です。

 そうそう、一昨日から昨日にかけて、チュンニンちゃんとの新ドラマをチラっと見るつもりが、夢中になりあっという間に4話まで見てしまいました!
 私、このドラマ大好きだと思います。チュンニンちゃんもピーター「様」?も大好きなので、不満なく見れます。この彼は、やさしい、さわやか系ですよね。このまま、リアルで追っていくかも。というくらい楽しめました。

これは3作目、レイニーちゃんのシリーズ2作目ってどうなんでしょうね?
Commented by futonlove at 2011-11-02 22:28
こあらさん。
こんばんは~(^^)/

やはりそうですよね!
東海テレビチックですよね^^。
いや、私もそんなに詳しくはないんですが、この何とも言えない雰囲気は変な既視感があって・・・。
ちなみに、私が好きだったのは田中美佐子主演の「愛の嵐」です(←って更に古いですよね/笑) 何年か前にCSで放送があったので20年以上ぶりに観たんですがやはり好きでした(^^;)


あぁ、確かにお芝居やオペラだったらありそうですよね~。
なのに、コレが連ドラだというのがビックリです。
普通のドラマを期待して観たらビックリしちゃいそう・・・。
もし、これが華ドラ初めての視聴だったら、華ドラに対して間違った認識を持ちそうですよね~(汗)

香港ノワール!!!
分かってもらえて嬉しいです。
これは絶対に分かる人にしか分からない感想だと思ったんですが、それ故にこのドラマが余計に好きになりそうです。
しかし、決して誰彼ともなくオススメ出来ない感じでもありますよね、このドラマ。
Commented by futonlove at 2011-11-02 22:34
hanaさん。
こんばんは~(^^)/

やはり私も断然ピーター派です!!!
確かに自分でプロデュースしたわりに前半の美味しさは控えめですよね~。これからの展開が楽しみではありますが・・・。

あっ、濃い味付け(笑) 分かります~。
ものすごくクセのある濃厚な感じですもんね・・・。
これをリピートするのは胸焼けがしそうです^^。
でもたまに味わいたくなるドラマかもしれませんよね~。

そうそう、このドラマのピーターは本当にビジュアル的にも目の保養系というか、コスプレ的なのがすごく似合ってますよね!!!
私は別にメンクイではないんですが、やはり大好きな俳優さんがここまでカッコイイ役を演じてたら感無量です!!!

チュンニンちゃんとのドラマ。私は1話だけ動画を見てしまって、後は日本にやって来るまで我慢するつもりなんですが、予告編とかチラチラ観てしまってますvv。

そうそう、命中シリーズの3作目だと言われてますが、1作目・2作目と違ってタイトルに命中も入ってないし、単に制作会社が一緒なだけで、監督さんも違うので全然関係ない感じですよね~。
Commented by こあら at 2011-11-03 07:00 x
futonloveさん、おはようございます!

調べてみたら、高校生のときにみていたのは「愛の嵐」だったようです。2学期がはじまるのが嫌だったくらいはまってました(笑)

もう一回みてみたいなあと探したところ今「華の嵐」BSでやっていました♪長塚京三さんが、歐辰のように(笑)渡辺裕之さん&高木美保さんのからみをみつめていて爆笑しました!
「変な既視感」間違ってないと思います。

初華ドラがこれなのは博打ですよね、はまる人ははまると思いますが。2作目何みるかが問題ですね~

Commented by futonlove at 2011-11-04 00:24
こあらさん。
こんばんは~(^^)/

わっ、こあらさんがご覧になってたのも「愛の嵐」だったんですね~。私は確か、その時中学1年生でした。そうそう、私も夏休みに嵌ったんです!

あっ、「華の嵐」がBSでやってるんですね~。
なぜかこのドラマも観た記憶があるんですが、個人的にはやはり「愛の嵐」の方が郷愁をそそるような感じがあって好きでした♪

いや~、それにしても長塚京三さんが歐辰的だったなんて! ものすごくショックです。いやいや、確かにそんな立ち位置ですが、歐辰には頑張って欲しいものです~♪

いないとは思うんですが、初華ドラがコレだと本当に博打ですよね^^。だってかなり特殊なドラマなので・・・。
Commented by 流星は謎? at 2011-11-21 23:35 x
こんばんわ、futonloveさん、調子よくなりましたか?

ところで昨日録画してあった第9話見たんですが・・・

洛熙が日本で読んでいた新聞、だからもちろん日本語なのですが、その見出しがなんか変なので一時停止でじっくり見たら

「伊夏沫は絹のリボンに心は向かいます」 
 「歐式グループの神秘的な総裁は現れます」

これって翻訳ソフトにかけたんだなーと思い、次に記事の内容を見て思わず私もプハッ・・・
なんと「ヨーロッパ式グループ」とは?きっと歐〇集団という中国語を翻訳したらこう出たんでしょうね。坊ちゃんもびっくりでしょ!
(〇のところは中国語で何が入ってるのかわからないんデス ^^;)
シリアスな場面なのに、ほんとに大笑いしてしまいました。

去年、ブックオフで買った、もっと知りたい台湾TVドラマ(2005)、という雑誌、特集はF4だったんですが、
改めて読んだら、ピーター様の記事でいっぱいでした。日本でのデビューは2001年なんですね。
Commented by futonlove at 2011-11-22 00:49
流星は謎?さん。
こんばんは~(^^)/

ありがとうございます。
おかげさまで随分元気になりました!

あっ、あの新聞の日本語(笑)
大爆笑ですよね~。
せめてもう少しまともな日本語にして欲しかった~~~。
というか、あんな平和なニュースが記事の一面に載るのも笑えますが(^^;)
何だか、このドラマって、シリアスなくせに、時たまとんでもないツッコミどころがやってくるんですよね~。わざとなのかと思うくらい・・・。

あっ、そうそうピーター様って随分昔から日本でも活動してますよね~。映画「T.R.Y.」や「着信アリ2」にも出てたし、仮面ライダーもやってましたもんね~。
Commented by 流星は謎? at 2011-12-16 17:00 x
futonloveさん こんにちわ
泡沫の夏、ほんとにfutonloveさんが言うように、ププッ・・・と笑うトコがあるのには参ります。昨日の12話、久しぶりに歐辰と夏沫の長いからみ、過去を思い出した歐辰!これで事実が分かるのか?と期待してたら・・・

「俺のせいだと思っていたのか  あれは事故なんだ」
「分かってる でもあなたに悲しみをぶつけるしかなかった」
「八つ当たりか?」

ピーター様、それはないでしょー、まじめに見てるのにぃ・・・吹き出しちゃったよー。中文のほうがわからないので真相はナゾですが。このドラマに関してはネタバレ見てないんで、話の先がどなるのか全く読めない。

ところで来週から台湾へ行きます。高雄のホテルが、海派甜心のロケ地のひとつ、芸術特区のそばなのですが、残念なことにこのドラマを知りません。でもまあ行くだけ行ってみようかな。一週間の予定ですが、ツアーのように効率的に動けないので、あまりいろんなトコへは行けません。のんびり旅です。
Commented by futonlove at 2011-12-17 16:56
流星は謎?さん。
こんにちは~(^^)/

そうですよね~。
本当にこのドラマは、笑いが込み上げてきますよね!
シリアスなシーンなのに、ついつい突っ込んでしまう自分が嫌なんですが、どうしても我慢が出来ません(笑)

確かに字幕の訳のせいかもしれませんが、いやいやそれだけではないですよね。この不思議な感じは。
ベストセラー小説のドラマ化らしいですが、原作もこんな感じなのかすごく気になります。

あっ、台湾旅行イイですね~。
特に日本が一気に寒くなってきたので、暖かい台湾が羨ましいです~。
「海派甜心」はもうすぐ日本にやって来ますね~。観るのがすごく楽しみなドラマなんですが、高雄にロケ地があるんですね。
私は台北にしか行ったことがないんですが、今度台湾に行くときは高雄にも行ってみたいです~。
またお土産話、楽しみにしてます~♪
<< 日本ドラマ 秋クール6作品の一口感想 | ページトップ | 現在の視聴状況 >>