Top
【中国ドラマ】 宮廷女官 若曦 第7話&第8話
f0185577_15154389.jpg

辮髪を横から見ると、やはりスゴイっすね(汗)

いや~、ツンデレ(?)系皇子四サマ(←何この呼び方/笑)ったら“キミの望みだろう”って言ったよね(笑)

口数少ないくせに、いきなり大胆すぎるわっ(^_^;)
無理矢理のキスから、何と昔の少女漫画的な唇を噛むというベタ過ぎる流れがむしろ斬新@@。
しかも若曦ちゃんったら、その後少し期待してませんでしたか(笑)

個人的に、八との恋バナにはほとんど興味がないというか、八の真意がイマイチよく分からないので、この2話は若曦ちゃんが四と十三としか絡んでなくて嬉しい感じ♪

確かに、四サマは自分が将来皇位につくなんて知らないワケだから(狙ってはいるかもしれないけど)、その未来を知っている若曦が将来の皇帝になる彼を必要以上に避けたり、でも他の人より明らかに気を配ったりするのに勘違いしちゃうかもしれないですよね♪
狙ったわけではないのに、完全に恋のテクニック状態(笑)
現世では、あんな二股男に裏切られてた若曦ちゃんが、この時代ではこんな事になっちゃうとは!

それにしても、四にもやはり正室とか側室がいるのかしら。
弟である八もなにげに艶福家(?)だし、あの頭に何が詰まっているのか心配な感じの十ですら正室がいるくらいだから、普通に考えたら四にもいるんですよね~~~。

さて、以下も大したネタバレもあらすじもなく(というか今回の最大のネタバレをいきなり写真でアップしてるし/笑)、単に私の感想という名の叫びを書き殴っただけです・・・。



そうそう、一つだけ今日発見したことが!

私は最初から、四サマ推しなんですが、今日このドラマの中国版HPなどを見てて気付いたのが、四サマこと吴奇隆の配音(アフレコ)している声優が、沈磊というお名前なんですね!
この名前、見覚えがあって調べて納得!

私が何潤東に激堕ちした「楊家将」の楊四郎の時の吹き替えの声なんですね~♪
ま、ちなみに耶律斜の声も彼ですが(←この事実に気付いた時、のけぞってしまった/笑)


そう考えると、やはり声の力って、偉大なのかも・・・^^。


耶律斜と言えば、袁弘!
「楊家将」ではあんなに魅力的なのに、振られてましたが、今回の彼は何だかモテモテ♪

f0185577_15404770.jpg

可愛い蒙古族の敏敏ちゃんもすっかり夢中だし。


いや、でも確かに袁弘演じる十三は、ヒロインとの恋バナキャラではないんだけど、とっても魅力的ですよね!
型破りそうでいて慎重、ユーモアがあって柔軟、そして適度に鈍感。
大の仲良しである十三の今後の運命を知っている若曦ちゃんが、彼の茶器を梅の花にするエピソードが何というかスゴイと思うんですよね~。


f0185577_1552404.jpg

このドラマで私がすごく新鮮に感じて好きなのが、ヒロイン若曦のキャラ。
変に力まず、空回りせず、柔軟にあり得ないような現状を受け入れ、時に大胆だけど基本的にクールに徹していこうとするあたりがヒロイン像としてすごく好感が持てます。

どうやらいつの間にか、数年も経ったらしいんですが(笑)、
たまにホームシックになる程度で、しかも涙ぐんでいる時を必ず八や四に目撃され、明るい普段の彼女とのそのギャップに男どもはやられてしまってるし(^^;)

詩詩ちゃんって、「楊家将」の時は少しミステリアスなクールな美人さんって感じだったんですが、
今回のルォシィちゃんは本当に可愛くって、たまに松嶋菜々子を若く小ぶりにしたように見えるんですよね~。
私だけかしら・・・。



それにしても、このドラマ・・・・CG(?)がビックリするくらいショボくて、ある意味斬新過ぎるわ(笑)


もう最近では、リアルに視聴してからもう一度録画を見直すくらいの嵌りっぷり。
あぁ・・・月曜日が本当に待ち遠しいです^^。
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2012-10-18 16:04 | 宮廷女官 若曦 | Comments(24)
Commented by パレアナ姉 at 2012-10-18 16:42 x
futonloveさぁ~ん、2話ごとにアップしてくださるなんて、なんて嬉しいんでしょう!ありがとうございます。
もう、うなずきっぱなして拝見しましたよ。一気見の後、リアル視聴の毎日です。

ホント、四サマ(←これで定着ですね)ったら、いきなり?
しかも「君の望みだろう?」
も~~~ベタすぎて、ありえなさすぎて、ワタクシ、大喜びしてしまいました。

でも、若曦ちゃんは八さまを思い出して、なんかほんわりいい感じになってませんでしたか?いつの間に、そんな感情が?
てか、姉さんの旦那さまなのに、それって、有りなんですか?

十三(え、呼び捨て?)はおっしゃるとおり、すごく素敵なキャラですよねぇ。
しかし四さまのお声から楊四郎まで導きだすとは、さすがfutonloveさんです!すばらしい!

いやいや、CGの大胆さに大笑いし、辮髪に盛り上がり、ベタさ、ストーリーの大雑把…もとい大胆さにわくわくし、楽しませてくれるドラマですねぇ~♪
月曜日が待ち遠しいです~あ、ルオシィちゃん、松嶋奈々子に見えますね、敏敏ちゃんは小さい小雪に見えませんか?私だけ?
Commented by みらん at 2012-10-18 19:56 x
はじめまして。
周りで観てる人がいないので、こちらのブログを見つけて喜んでます。
中文字幕版を途中で投げ出したので、日本語でサクサク見れるのが
有り難いです。
そろそろ皆さん、ご贔屓皇子を見つけ出してる頃ですよね。
誰が一番人気なんでしょう?
私は第13皇子を贔屓にしてるんですが、こちらでそっかー耶律~か!と思い出した次第です。
これから最終話までご一緒させて下さいね☆
Commented by SNOW at 2012-10-18 21:50 x
futonloveさん、こんばんは。

とても楽しまれているようで~。このドラマどこのだろう?と
最初ちら見したはずなんですが、スルーしまして。こんな内容だったんだ~と驚き。途中参加してないんですけど、ブログ更新毎になんだか楽しませてもらってます(笑)

最近、中国語、台湾語など勿論聴いても、まったくわかんないんですが、耳が慣れてきたようで~。OST探して聴いたりしてますが、なかなか良いですね。
Commented by yumesj at 2012-10-18 22:33 x
私も一気に見てすっかりはまってます!
私のお気に入りは、十三と十四´ー`
的確な判断力で兄達を支える感じがいいっ!
十四がたまーに、ピーター様に見えるときがあって…惹かれてます(σ*´∀`)
(ピーター様、futonさんの最愛の方なのに…ただ私の主観なので「違うよー!」って思ったらスルーして下さいね。汗)
正統派の二枚目って感じは、たまにしか出ない九かなと。
母がお気に入りで、たまに出てくると喜んでます(爆)
四サマ。何かツンデレな感じがいいですねー。
少女漫画の主人公みたいww
皇太子が第二なので、てっきり第一は亡くなってるのかと思ってたのでびっくりでした。
Commented by lilac at 2012-10-18 23:05 x
こんばんは

中国はドラマも吹き替えなんですね。
初しっかり中国ドラマ鑑賞の私は元の声を知らないので違和感なく聞いてます。

私も今週見ていて、八皇子は最初から正室と側室が出てきましたが
他の皇子は結婚してるの? してるでしょうね。と思いながら見てました。

四サマ・・・この呼び方爆笑。
先週までの顔の表情一つ変えなかった四サマが今週は少し変化が、人間味が出てきた。
この先の二人の関係が楽しみです。

若曦ちゃんが十三皇子の茶器を梅にした・・・ふと梅ちゃん先生の梅子の由来を思い出しました。
若曦ちゃん、過去に行っても才女パワーで凄いです。

紫禁城に行って数年経過でしたね、見てるだけでは気づかないですよね。
お茶を出す責任者になったのが数年後なんでしょうね。

私も今週さらに嵌まってきて録画消してたのに今週からは残してます。
このドラマ見て中国語わかればな~痛切におもいました。
Commented by mijyu at 2012-10-19 00:17 x
こんばんは!
若曦、とっても面白いですね!出だしから「横から辮髪」、ウケました(笑)。
まだまだ辮髪に慣れなくて、夢中になって見ているのにふと、「前からはスキンヘッド、後ろは三つ編み、横から見ると・・・ん?ビンボッチャマ!?(←さすがに髪は前も後ろもあったような)」なんて考えてしまっている自分がいます(汗)。

そうそう、CG!夜の草原のシーン、斬新すぎますよね!
辮髪とCGが気になって、キスシーンに集中できません・・・。

斬新といえば、『美人心計』はご覧になっていますか?
もう突っ込みどころが満載で、毎回目がテンになってしまいます。
私的には若曦と甲乙付け難いくらいに面白いです。

子供を幼稚園に送り出した後で録画しておいた『美人心計』を見て、そのすぐ後にリアルタイムで『若曦』を見るのが、最近の至福の時です!
Commented by momo at 2012-10-19 09:38 x
あの背景とカメラアングルで、ツンデレ皇子の攻撃が無力化されてしまいましたね。

8番が、ダンディ部長が大人の魅力と財力でうら若きOLを包囲するみたいでそれはどうよと思っていましたが、案外有効な作戦だったんですね。

傾城の皇妃も、演出の派手さにやられそうになり細かい伏線を見逃しそうになることが多々ありましたが、ちゃんと計算されたストーリー展開でしたよ。こちらも機会があればぜひ。

中華街から帰ってこないと、周りの人から注意されていますが
美味しそうなメニューが目白押し。
Commented by みく at 2012-10-19 11:11 x
はじめまして!

私も若曦に嵌まってしまいました!
中国ドラマは初めて見るんですが、弁髪(笑)の皇子たちが、かっこいい~。皇子だから衣装もゴージャスでいいですよね。
十三皇子が陛下に拝謁!ってひざまずく動作をしてるシーン、思わずリピしてしまいました(笑)

やっぱり四皇子かなと思いますが、十四皇子もクールでいいですね♪

またレビューしてくださいね。楽しみにしてます♪
Commented by futonlove at 2012-10-19 20:17
パレアナ姉さん。
こんばんは~(^^)/

いずれは1話ずつ記事を書いちゃうかもしれないくらい嵌ってマス。
まさか辮髪ドラマでこんな事になるとは・・・orz・・・

もう四サマ(笑)のあまりにベタなツンデレっぷりキャラに驚愕爆笑です!
そうそう、八(呼び捨て?)と若曦ちゃん・・・どうもツッコミたいんですよね~。まぁ、確かに若曦ちゃんは本当は若蘭の実の妹ではないわけで(気持ち的には)、タブー感があまりないのかなぁ・・と。
でも現代では二股でキレてましたよね? 相手が歴史上の人物、しかも皇子さまなら何股でもOKな気分なんでしょうかねぇ。

そう、なぜ私は最初から四サマ推しなのか真剣に考えてて、辿り着いたのが楊四郎(笑)。やはりドコにでもピーター様は絡ませたいんですかね、私。

確かにここまで大胆にやられるとむしろ爽快ですよね! 中途半端じゃないからツッコむ気にすらならないくらい(ま、ツッコミますが/笑)

あっ、確かに敏敏ちゃんも若い(!)小ぶりな小雪に見えますね♪
Commented by futonlove at 2012-10-19 20:26
みらんさん。
はじめまして&コメントありがとうございます~♪

本当にこのドラマ、面白いですよね。
BSで放送してくれてありがたいです~。

あっ、中文字幕版に挑戦されてたんですね~。
歴史モノはさらに色々と難しそうですよね。

確かにそろそろ御贔屓皇子が見つかってきましたよね~。
そう、確かに十三は一番バランスが取れてて魅力的ですよね。
ヒロインと恋バナ関係にならなそうなあたりがまた逆に楽しめそうな気もします。
そうそう、十三は耶律斜ですよね~。
耶律斜は何となく毛深い感じでしたもんね(笑)
若曦役の詩詩ちゃんは楊四郎妻なので、この二人の絡みが不思議な感じです。

最終話まで楽しめそうなドラマなので、是非ぜひ一緒に盛り上がりましょう~~~♪
Commented by futonlove at 2012-10-19 20:49
SNOWさん。
こんばんは~(^^)/

そうなんです。
本当に楽しんで観てます。
ストーリー的には、まぁ少女漫画によくありがちなタイムスリップ系なんですが、ヒロインのキャラがすごく新鮮で面白いです。
下手に現代に戻りたいとバタバタもせず、それなりに過去で上手く生きて行こうとするし、自分の身近な人達が今後どんな運命を辿るのか知っているんだけど、それを変えてはいけないと妙に意気込むでもなく、何というか緻密なドラマなのに妙に柔軟で面白いんですよね~。

そうそう、音楽もオープニング&エンディングを毎回早送りせずに観ちゃうくらい嵌っています~。
Commented by futonlove at 2012-10-19 21:02
yume さん。
こんばんは~(^^)/

あ~っ、確かに十三と十四はそれぞれ派閥が違うけど、クレバーな感じがしますよね!

十四こと林更新がピーター様似?! 
ナイナイ・・・と思いつつ、たまたま林更新の普通の前髪有りの動画を観たら、確かにピーター様に似てる瞬間がありました(笑)
そういえば、もうすぐ(おそらくアジリパさんが)日本にやって来るであろう「姐姐立正向前走」では主要キャラみたいですよ♪ ジロー君、ルビー・リン、マギー・ウーと共演とか。また楽しみが増えました~♪

そうそう、九はなにげに正統派二枚目なんですが、キャラだちしてないせいか出番が少し控えめですよね~。

四サマは、まさに昔の少女漫画のツンデレキャラみたいで(笑)、ベタ過ぎてツボです♪

ちゃんと生きてた第一・・・とってもオッサンでしたよね(汗) しかもちょっと腹黒いし(爆)
Commented by futonlove at 2012-10-19 21:15
lilac さん。
こんばんは~(^^)/

そうなんです。
中国は多民族国家なので、綺麗な正しい北京語を普及させるために、ドラマなどでは吹き替えがかなり多いとか。
私も韓ドラなどの日本語による吹き替えはあまりにアニメ声になっちゃうので苦手なんですが、この中国ドラマの中国語吹き替えに関しては全然違和感がないんですよね~。
これはピーター様に関してもそうなので、我ながら不思議です。

あっ、梅ちゃんの梅は父以外誰も知らなかった(笑)“歳寒三友”が由来でしたよね~(^^;)
若曦ちゃんが今後の十三の運命を知ってて梅を選び、理由を話さない知性がすごく好きです~。そして、その梅を適当にイイ感じに解釈してくれる康煕帝もGJ!

そうそう、あっという間に若曦ちゃんが出世したなぁと思っていたら、あっという間に数年が経過してたんですよね~。この大胆さがたまらない(笑)

私も録画を最初から消さずに取っています。が、おそらくもう一度観るとしたらノーカットのDVDが発売するのでそっちかなぁ・・・とも思っています。
Commented by futonlove at 2012-10-19 21:27
mijyu さん。
こんばんは~(^^)/

いや、びんぼっちゃまは髪の毛は普通にありますから(笑)
服は後ろがありませんが(^^;)

ま、横からの辮髪はそのくらいの破壊力はありますが(爆)
それにあの夜の草原のCGが加わったキスシーン。
私もキスシーン以外が気になってたまりませんでした。
あの背景は、わざとなのか真剣なのか気になる~~~。

「美人心計」観てますよ~。
分かります!
アレはまた違うテイストのツッコミですよね(笑)
今夜というか明日の早朝の放送分を観たら、週末には記事を書こうかなぁと思っています。

台湾どころか、中国大陸にまで嵌ってしまって果たしてこれから私はどうなるのか少し不安ですが(笑)、ぜひご一緒くださいマセ~。
Commented by futonlove at 2012-10-19 21:31
momoさん。
こんばんは~(^^)/

そうなんですよね!
あの謎の背景とカメラアングル・・・・vv。
もうせっかくのツンデレ攻撃が・・・。

八って、上から八番目のクセに、大人の魅力振りまきすぎですよね(笑)
確かになにげにあのダンディ部長作戦(?)は有効だったみたいだし。


そうそう、「傾城の皇妃」も楽しみです。
その前に、深夜の「美人心計」を観始めてしまったので、それが終わったら観ようかなぁと思っているんですが・・・予定はあくまで未定。

私もしばらくは中華街をウロウロと楽しみそうな気がします~。
Commented by futonlove at 2012-10-19 21:41
みくさん。
はじめまして&コメントありがとうございます~♪

私も中国ドラマはこれが2作品目なんですが、面白いですよね~。
そうそう、みんな登場人物が皇子だから(辮髪だけど/笑)、衣装もゴージャスだし、基本的にジェントルマン(?)なのでイイですよね~。

十三皇子は、本当に魅力的ですよね~。
あっ、確かに拝謁!のシーンは妙にキレが良かったですよね(笑)

個人的にはやはり王道のツンデレキャラ四皇子がイチオシですが、クールで理性的な十四皇子もなかなかイイですよね~。

これからも放送に合わせて、おそらく2話ずつくらいは記事を書こうかなぁと思っていますので、良かったらまたお立ち寄りください~♪
Commented by yumesj at 2012-10-19 21:43 x
林更新さん、検索したら1988年生まれに驚きでした!
史劇だから落ち着いて見えるのかな?
身長も186㎝で現代劇も楽しみ~って思ってたら、ジローのドラマ出てるんですね!
それは見れる日が早そうで益々楽しみです(^O^)

そうだ。ここに書いていいのかわかりませんが…
futonさんの感想を読んで、ケセラセラ見て良かったですー!
イ・ギュハンしに初めて役堕ちしてヤバかったです♪
1話見る度にドッと疲れるくらい一生懸命見てました☆
Commented by futonlove at 2012-10-19 21:48
yume さん。

そう、林更新クンはまだピチピチ(?)ですよね~。
そこがマイダーリン(???)ピーター様との最大の違いかと・・・。

私も林更新を現代劇で観るのも楽しみです♪
こういう男性キャラが一杯出てくるドラマを観ると、一気に楽しみが増えてきますよね~。

あっ、「ケセラセラ」楽しまれたようで良かったです。
ツイでも毎日楽しまれてる様子が分かってたんですが、確かにイ・ギュハンssi魅力的でしたよね~。
とっても韓ドラ的な要素てんこ盛りなドラマなのに、全然違う味付けに仕上がっている不思議な魅力のドラマだったなぁと思います。
Commented at 2012-10-20 15:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ホッシーナン at 2012-10-21 15:03 x
futonloveさんこんにちは♪
ようやくわたしも「若曦」見始めました☆
そして、1日で第8話まで追いつきました(笑)

第1話からテンポがいいですよね~。普通のドラマだと2話くらいはタイムスリップの説明やらあるかと思うのですが、5分くらいでしたもんね。

マルコメ問題、私も問題なくクリア(笑)。どのマルコメかわかりずらかったのですが、画面の顔の横に解説(笑)があるので問題なく見続けられます。

四サマも麗しいのですが、わたしのイチオシは十三です。
四サマの人となりがもう少し表にでてくると、四サマ組合員に参加できると思います♪

DVDも予約が始まりましたし、この勢いだと、ポチッと買いそうです。

今後の展開に期待♪ですね!!
Commented by itigoringo at 2012-10-22 09:35 x
おはようございます。あともう少しで始まると思うとちょっとドキドキ。
今、視聴している中での嵌り度トップ3なこのドラマ。七話目まで溜めていたのですが、見だしたら一気見でした。(倍速機能一切使用せずで)
予備知識なく見始めたのですが、第四皇子を見たとき何かで見た!と思ったものの思い出せず、調べたら「シルクロード英雄伝」の主役の方だったのでビックリ。その時はボサッとした長髪だったので。第十三皇子も今のドラマの髪型のほうが若く見えますものね。髪型のせいだったのねと妙に納得した後で、ふと疑問が…。皇太子はまだしも第一皇子は違うような…。年齢がかなり上の俳優さんなのか?老け顔なのか?

ちなみに今嵌っているあと二つのドラマは、定番の「相棒」と「眠れる森の熟女」です。46歳で熟女って。いくつから熟女なんだろう?と思いつつも、セリフも間合いも気に入っています。ヒロインのキャラも好きだし、キャンキャン言わない展開もGOODです。
Commented by futonlove at 2012-10-22 21:23
鍵コメさん。
こんばんは~(^^)/

わっ、別にこの内容だったら鍵コメじゃなくても全然大丈夫な気が(笑)

本当にこのドラマは面白いですよね~。
月~木が本当に楽しみです。

そうなんです。
楊四郎し耶律斜が同じ吹き替えだと知った時、私もビックリしまくりましたもん。
確かにこの二人ってあまり絡まないんですよね。終盤は少し絡んだけど。

あっ、私も李国立の「射雕英雄传」すごく観たいです!
アリエルちゃん&胡歌ですもんね。
これ、日本に来ないんでしょうかねぇ~。

そうそう、李德全=仁美ですよね(笑)
そのせいか、李德全が何だか悪そうに見えてしまいます(汗)
この俳優さん、邓立民も袁弘以上に李国立組っぽい気がするんですが、本当に奥深いです、中国ドラマ。

あっ、確かに慣れると辮髪の方がマシになるメンバーいますよね(笑)
これは一体、どういうこと(^^;)
Commented by futonlove at 2012-10-22 21:32
ホッシーナンさん。
いらっしゃいませ~若曦ワールドに!

そうなんですよね~。
とにかくこのドラマったらテンポがいいですよね。
いきなり冒頭目が覚めたら、タイムスリップ後だし(笑)
その説明も、本人が受け入れるのもものすごく早い早い。
イライラすることなく、あっという間にストーリーの渦に放り込まれる感じがたまりません~。

あの心配だったマルコメ問題も意外とすんなりクリアできますよね~。
あそこまで大人数でやって来たら、受け入れるしかないというか・・・。
そうそう、最初は見分けるのに苦労するけど、丁寧に字幕で名前が毎回出るので問題ないし、いつの間にやら見分ける事も出来るようになっていました。

十三は本当にイイですよね~。
彼は「楊家将」の時も敵将ながら魅力的なキャラを演じてる俳優さんだったんですが、今回もやっぱりイイです!

四サマのあまりの古典的な少女漫画キャラにすっかり嵌っている私です(汗) ぜひ、いずれはホッシーナンさんも四サマ組合員に♪

DVD・・・私もポチリそうな勢いです(笑)
Commented by futonlove at 2012-10-22 21:41
itigoringoさん。
こんばんは~(^^)/

今週も始まりましたね~♪
いや~、放送のない金~日が本当に寂しかったです。

確かに第4皇子役の吴奇隆は辮髪になるとイメージが変わりますよね。私は遥か昔の小虎隊時代のイメージもあるのですが、辮髪になると全然違う気がします~。
そうそう、十三皇子役の袁弘は辮髪の方が若く見えますよね!
ま、吴奇隆は1970年生まれ、袁弘は1982年生まれなので、実際に袁弘はまだ若い方だと思うんですけどね♪ 

第1皇子は本当にオッサンでしたよね(笑)
一瞬、康煕帝の弟かと思いました(^^;)

「眠れる森の熟女」は観てないんですが、続々と始まっている日本ドラマもチョコチョコ観始めているのでなかなか充実した感じです~。
<< 【中国ドラマ】 美人心計 第5話まで | ページトップ | 【中国ドラマ】 宮廷女官 若曦... >>