Top
【中国ドラマ】 美人心計 第5話まで
f0185577_16251541.jpg

先週~BS11で深夜に開始したこのドラマも観てます。
全40話らしいんですが、月~金と週5話放送なので8週間で観れるというのがイイですね♪

「宮廷女官 若曦」もそうなんですが、やはり時代劇ってある程度サクサク視聴出来る方がその世界観にのめり込めるし、変なストレスがたまらないので、週4~5話くらいのペースで放送してくれるとすごく観やすい!


本当は、同じ林心如(ルビー・リン)主演のドラマ「傾世皇妃」が最近CSで放送が終わったので、それを観ようかな~と思ってたんですが、この「美人心計」が放送開始になったのでとりあえずこちらを試しに観てみようと思って観始めました。
まぁ、最初の数話観て全然好みじゃなかったら視聴ストップすればいいや~という軽い気分で観始めたんです。

しかし、意外にも面白くてなにげに楽しみに毎日観てたりします(笑)
以下もツラツラと思ったことを・・・



中国史上悪名名高い呂后の時代。
あの前漢の初代皇帝である劉邦の妻にして、中国三代悪女とかでは必ず名前が挙がっちゃう女性ですよね(笑)
夫亡き後に憎い側室を“人豚”にしてしまったエピソードはあまりに有名だし(汗)
そんな呂后と側室の一人である薄姫の争いに巻き込まれて、母を失ったヒロイン。
ヒロイン母子のせいで、本当にものすごいとばっちり(!)で両親を失った慎児。
この二人の少女が生き別れ、月日が一気に流れてあっと驚く再会をし(笑)

f0185577_16473862.jpg


またまた宮廷に宮女として戻ってきてしまい(汗)、ヒロイン雲汐(中国語読みなら、ユンシー?)はあの呂后にその機転の利くところを変に買われてしまい、幼い皇后の側に仕え、傀儡のような2代皇帝恵帝の心の癒し(?)になってしまうというあたり。

ちなみにその恵帝を演じているのは、羅晋なので「三国志」的にはあの献帝。
どちらにしても不遇の皇帝・・・orz・・・。

f0185577_16565827.jpg

しかし、ヒロインの恋のお相手は左の恵帝ではなく、あの母が亡くなる原因になった薄姫の息子である劉恒なんですよね~。写真では右の方。
その劉恒を演じているのが陳鍵鋒(サミュエル・チャン)なんですが、ようやく5話で登場!
ということは、ヒロインとは乳姉弟ということなのかしら。母が劉恒の乳母でしたもんね~。

このドラマを観る人はネタバレなんか気にしないだろうし、そもそもこの手のドラマは史実を知ってるコト前提だろうから普通に書いちゃいますが、この劉恒が後の文帝。歴史家によって彼を第3代とするか5代とするか分かれそうだけど、いずれは皇帝の座につくんですよね。
で、ヒロイン雲汐は後の孝文皇后となり、二人の息子が景帝。(あの「三国志」の劉備玄徳が景帝の末裔を称してたのでこの名前は妙に覚えてた)


f0185577_1762869.jpg

あと、楊幂(ヤン・ミー)もすでに登場してるので、本当にキャストが豪華!

f0185577_178911.jpg

陳怡蓉(タミー・チェン)が出てきて、あっという間に殺されちゃったのにはビックリでしたが(汗)


有名な史実が時代背景にはあるものの、何とも自由でトンデモない系の史劇なんですが、サクサクと進んでいくので何だか観ていてすごく楽しいです。
「宮廷女官 若曦」とはまた趣が全然違うドラマなんですが、意外とこの二つの組み合わせがいいのか、時代も前漢と清と全然違うし、こちらは男性の髪型が普通だし(笑)、自分でも予想以上に楽しんで観てます。


f0185577_1715043.jpg

実は個人的には林心如さんのお顔は何となくタヌキ系であまり好みではないんですが(というか、私はおそらく鈞甯ちゃんとか詩詩ちゃんみたいなお顔が好きなんだと思う)、やはり衣装とか髪型がすごく綺麗で、他の女性キャラも華やかだし、陳鍵鋒がこれから出番が増えるだろうから(多分これからは舞台が代国になるんですよね)、色々と楽しみながら毎日観ていきたいと思います~。

あっ、あと「楊家将」「若曦」同様、このドラマもオープニング&エンディングがやっぱりいい感じなのがポイント高いです~♪
すでに今夜の放送を明日の朝、観るのが楽しみな私(笑)
こうやって、どんどん中国史劇に嵌ってしまうのかしら・・・。
[PR]
Top▲ | by futonlove | 2012-10-22 17:22 | 美人心計 | Comments(0)
<< 【中国ドラマ】 宮廷女官 若曦... | ページトップ | 【中国ドラマ】 宮廷女官 若曦... >>