Top
【中国ドラマ】続・宮廷女官 若㬢 ~輪廻の恋 第8話~第22話まで
f0185577_11144554.jpg
全39話なので、もう折り返しましたね~。
毎日ほぼリアタイで観ています。
正直、藍蘭が退場するまでは視聴モチベーションも今ひとつ上がらず、色々とツッコミつつ視聴するという感じだったんですが、彼女がいなくなってから徐々に面白くなってきて、私の中では22話で俄然面白くなってきました!!!
ツッコミどころが多いし、何かスゲー力技なんだけど(笑)、この変な感じは私の中で前作と通じる感覚です(汗)。

さて、以下はもちろんネタバレ全開です。




f0185577_00274980.jpg

そうそう出ましたね!
あの名台詞 “許可なく死ぬな”
うん、唐突感ハンパないけど、前作も序盤にいきなりこの台詞を言っていたので、そんな細かい事は気にならないです。

藍蘭シーンがやたらと多かったあたりは視聴するのが苦痛だったので、たまにこの間の前作の再放送を録画したものをHDDに残していて、そのラスト数話をもう一度観たりして必死にモチベーションを上げていた私なんですが、あの前作は個人的にラスト数話の切ないすれ違い展開があるからこそ大好きでした。
ベタなハッピーエンドや中途半端なモヤモヤ系ラストだったら多分前作に★7評価をつけなかっただろうし、ここまで続編を楽しみにもしなかったと思います。

22話で殷正&張暁が噴水でキャハハとしているシーンがありましたが(笑)、もう前世であんな切ない別れをしてしまったあの二人がこんなに無邪気にじゃれあっているんだと思うとそれだけで感無量(^_^;)。
そもそも、雍正帝は前世を忘れるという孟婆茶を飲み過ぎたんじゃないかと思うくらいノンビリしているのですが、そろそろ思い出していただきたいものです。

あっ、司瀚って前作の八べえポジションなんだと思うんですが、心怡(前作の玉檀)が絡むのでおそらく九とのミックスキャラなんですよね。
いや~な組み合わせだ・・・。
やっぱり前作同様なんですが、個人的に司瀚とのラブラブなあたりは苦痛でした(笑)
あの香港旅行なんかは気持ち悪い~~~。八べえの時もそうだったんだけど、胸焼けがするような甘さがキモイんですよね~。
というか、私はそもそも司瀚のキャラが最初から苦手でした。
あの幼少期の彼が何か感じ悪くて・・・。父親の再婚とかで色々と複雑な生い立ちだったんだろうけど、何かいけ好かない感じだったんですよね~。
だから現在の司瀚がわりと好印象っぽいキャラで登場してても、何か裏がありそうな気がしてて・・・。
で、見事に心怡の登場により司瀚のキャラがどんどん落ちぶれていき・・・、なぜか対象的に殷正が浮上してくるという面白い状態がワクワクします。


それにしても、前作のラストを再視聴しては思うのが、続編に十三がいないのが本当に物足りない!
司宇がもしかしたら十三&十四のミックスキャラなのかな・・と思うんですが、どちらの要素もパンチ不足というか。
殷正とも司瀚とも半分ずつ血が繋がっているので、どちらとも屈託なく話せる癒しキャラなんだけど、やっぱり十三の不在は大きいですよね~。
たまにあの女性秘書(蕎さんだったっけ)が十三なのでは・・・と思ったりもしますが、それはそれで複雑(笑)

清朝時代からの輪廻は果たしてどんな形で収束していくのか・・・。
そしてそれと同時に絡まっているのが25年前の親世代の因縁。
残り17話。多分、序盤の我慢の展開は乗り越えられたと思うので、ここからの視聴がとっても楽しみです。

あっ、そうそう詩詩ちゃん&呉奇隆主演の「犀利仁師」が「トキメキ!弘文学院」(すごい聞いた事のあるような邦題/笑)で、この続若㬢の後番組で12/17から放送開始ですね。引き続き楽しめそうなので嬉しいです~。


[PR]
Top▲ | by futonlove | 2014-11-23 01:16 | 続・宮廷女官 若曦 ~輪廻の恋
<< 【中国ドラマ】続・宮廷女官 若... | ページトップ | 【中国ドラマ】続・宮廷女官 若... >>