Top
【中国ドラマ】続・宮廷女官 若㬢 ~輪廻の恋 第23話~第27話まで
f0185577_23583895.jpg
怒濤の展開でしたね(笑)
25話でこのシーンも観れたんですが、気になったのは工事現場だったという事(^_^;)
もう少しムードのある場所でお願いしたかった・・・。

もともと私はこのドラマにおいて誰かの気持ちを理解しようと思って観ているワケでは全くないので、多少のぶっ飛び展開があっても驚きはしませんが、それでも殷正にはツッコミたい!!!
記憶が戻った張暁が司瀚との事をなかったことのようにしてしまうのはまぁ分かるんですが、雍正帝としての記憶があるわけでもない殷正があそこまで張暁にいきなり猛アタックするのにはビックリ(汗)
一体、藍蘭とのアレコレは一体何だったんだか・・・。

さて、以下もネタバレ全開です。



f0185577_23585832.jpg
は~っ、やっぱり詩詩ちゃんは髪の毛をアップにした方が綺麗と思います。
心怡と司瀚の結婚式の時の張暁は本当に綺麗でしたよね~。

f0185577_23401028.png
心怡も(髪の毛の色はヘンテコでしたが)、本当に綺麗でしたよね~。
それにしてもビックリしたのは、あの衝撃の事故シーン。
ビックリしすぎて、笑ってしまうレベル@@。
生まれ変わっても、幸せになれないキャラだったのね・・・。


そして地方に出張に行き、何ともコテコテな災難に巻き込まれている司瀚のシーンには大して興味もないんですが、唯一ツッコミたいのは張暁との思い出とか言ってあのど派手なシャツを持ってきたこと(爆)

そして、ようやく登場してきましたね!!!

f0185577_23553337.png
やっぱり若蘭は綺麗ですね~。
ものすごい色のパックをしようとしてましたが(笑)、私は残念ながら公式HPに最初の頃登場人物紹介で書かれていたものを見てしまったので、彼女の正体が分かっています(^_^;)
いや、ほとんどの人が分かるよね。


張暁は記憶を思い出してしまい、またまたすっかりメソメソとしたキャラに戻ってしまったんですが、面白いと思うのが記憶を取り戻すとJACKに対しては妙に強気になってしまうとこ。
確かに若㬢と十の関係ってそんな感じだったかも・・・。


もうすっかり藍蘭の事をリセットして、あの博物館の女性が張暁だったと分かるやいなや一気にラブラブオーラを出す殷正には本当に大ウケ。
そんなに博物館の女性であるかどうかが大事だったとは・・・。
って言うか、そもそもどう考えてもあの博物館の女性と藍蘭はキャラが違うだろうに・・・。


懐かしのデコピンを連発してもうガンガン距離が近づいていく殷正&張暁を観ていると、やっぱり前作での四&若㬢を思い出して楽しめてしまいます。
特に笑ったのが、張暁の部屋にやって来てスリッパに履き替えるときに謎の甘えん坊キャラになってしまう殷正(笑)。
一体何のプレイなんだか(^^;)・・・。
でも、個人的には前作の八べえとか今回の司瀚とかのラブラブシーンは妙に甘ったるくて古臭い感じがするので観ていて胸焼けがするんですが、四&若㬢にしても今回の殷正&張暁にしても、何となく少し風変わりな感じのラブラブシーンはわりと観ていて楽しいんですよね~。



あっ、そんなに伏線回収とかつじつま合わせがどうとか細かい事を追求してはいないんですが、ただ一つだけ気になっていたのが・・・。

f0185577_00232510.png

前作の最後というか、若㬢の最期で、彼女はずっと雍正帝の訪問を待ち続けていましたよね。
でも、雍正帝&十四の兄弟のすれ違いのせいで、彼女の手紙は生前読まれることなく、若㬢は雍正帝に許されなかったんだと絶望の気持ちで死んでいくんですよね。
そのビターな最期がとっても好きだったんですが、いきなり今回の続編になると雍正帝にそっくりな殷正に出会った張暁は“私に会いに来たんだ”と妙にポジティブな感じでちょっと納得が行かなかったんですよね。
現代に戻って歴史の中に自分が生きてきた痕跡を探しても見つからなくて、唯一見つけたのがあの博物館に展示されていた絵画だったというラスト。
だから当然のことながら、雍正帝が自分の死後にやっと手紙を読み嘆き悲しみ、彼女の遺灰を泣く泣く空に還し、彼女の遺品となった簪を大切にし、生涯を終えたなんて張暁は知らないはず・・・。

でも、27話で殷正から雍正帝の指輪に刻まれた文字の意味が“君が戻れないなら、私が君の世界へ行こう”だったと聞き、泣くシーン。
やっと雍正帝の気持ちが分かったのはちょっと泣けそうになりました。

さて、残りは12話。
何だかまだまだ色んな事が残っている気がするんですが、前作も終盤のスピード感がすごかったので、今回もそうだったらいいなぁ・・・。

他にも色々とツッコミたいことがあった気がするんですが、やっぱり1週間分をまとめて記事にすると盛り沢山な内容になってしまいますね~。
ま、とにかく一番ツライ部分は乗り越えたと思うので、最後まで楽しみたいと思います~。

[PR]
Top▲ | by futonlove | 2014-11-30 00:40 | 続・宮廷女官 若曦 ~輪廻の恋
<< 【中国ドラマ】続・宮廷女官 若... | ページトップ | 【中国ドラマ】続・宮廷女官 若... >>